1986年


スタッフ 部長 戸谷重雄
監督 上野善
コーチ 宮澤洋一
コーチ 米本篤弘
チームドクター 渡辺真純
チームドクター 多田羅恒雄
学生スタッフ 主将 荻野雅宏
副将 成田昌弘
副将 渡辺宏治
主務 澤藤誠
春のオープン戦 結果 対戦校
5/25 ●14-36 埼玉医大
6/1 ●12-14 日大歯
6/8 ●14-32 鶴見歯
公式戦戦歴 4勝1敗 1部2位
鶴見歯 埼玉医 城西歯 聖マリ 日大歯 慶應医
鶴見歯 ●6-20 ○20-0 ●12-16 ●0-12 ●6-8
埼玉医 ○20-6 ○30-6 ○22-14 ○44-0 ●8-16
城西歯 ●0-22 ●6-30 △14-14 ●0-6 ●0-26
聖マリ ○16-12 ●14-22 △14-14 ●16-22 ●6-14
日大歯 ○12-0 ●0-44 ○6-0 ○22-16 ○18-14
慶應医 ○8-6 ○16-8 ○26-0 ○14-6 ●14-18
昭和61年4月
アメフト部に8人の新入部員が入る。部の雰囲気はとても明るく、先輩方は我々にとっても親切だった。新歓コンパは大荒れで、新入生の殆どがつぶれてしまった。
5月・6月
この頃になると、予科1も、上級生と殆ど同じ練習内容をこなすようになるが、メットやショルダーが妙に重い。当る練習もかなりあり、毎日首が痛い。また5月には、アメフト部を含め、数多くの部でダンパが行われた。この頃から島崎が「ダンパの帝王」と異名をとるようになる。
さて、この年は、我がアメフト部が初めて1部リーグ入りした年だった。春のオープン戦は、全て1部のチームと対戦したが、結果は惨脩たるものだった。アメフトの細かい事はまだ分らなかったが、1部校の強さを予科1なりに実感したものだ。しかし、先輩方の気迫溢れるプレーぶりは印象的で、真剣にフットボールに取り組む姿は素晴らしいと思った。
8月
蓼科高原で合宿が行われた。2日目に台風が長野を直撃した。しかし、台風などおかまいなしに午後の練習が続く。どしゃ降りの中のチョーセンチヤージは今でも心に残る。苦しくて、朝から晩までアメフト漬けの合宿だったが、これを乗り切ったことは大きな自信となった。最終日に同じ長野で合宿をしていた慈恵大医大と試合を行い、慶応が快勝する。この試合が秋のシーズンヘの勢いになったように思う。
9月,10月
残暑の中、8月下旬から練習を再開した。次第に秋のシーズンが近づき、練習も実戦味を帯びてくる。9月の中頃には、山中湖で電通と練習試合を行い、これに快勝した。

そして9月の下旬に、ついに秋のシーズンが始まった。初戦で、前年度優勝校の鶴見大(歯)に辛勝し、慶応の快進撃が始まった。2戦目に城西(歯)を破った後、この年に段違いの強さを見せていた埼玉医大と対戦した。慶応は劣勢を予想されたが、序盤から勢いに乗りTDを連取、後半の埼玉の追い上げを振り切って勝ってしまった。慶応の気迫の勝利だった。この試合で誰もが優勝したと思ったが、結局次の日大(歯)に足元をすくわれ、優勝を逃してしまった。

結果は、4勝1敗で2位に甘んじたが、我々にとっては非常に心に残るシーズンとなった。優勝はできなかったが、それ以上に、春にあれだけ弱かった慶応を、ここまで引っ張った先輩方の努力は本当に凄いと思った。5試合とも、素晴らしい試合で、このような試合ができる我がチームを誇りに思った。そして、私達も、このような素晴らしい試合を、後輩達に見せたいと思った。とにかく、アメフトを好きになった一年だった。
またこの年のMVPは、第1戦での骨折をおして頑張ったQB成田に与えられた。(伊藤記)